ど素人のための用語解説 超基礎編 「職業シリーズ」

ど素人のための用語解説 超基礎編 「職業シリーズ」

「自分はモノを作るのが好きだし、憧れているし、クリエイターになってみたい。」

そう思っている若者は多いはず。一口に「クリエイター」と言っても、“何を”作るのか、“どのように”作るのかによってその職種は様々だ。

「じゃあ、一体どんな仕事があるの?」

今回は漠然としているクリエイター業界の仕事を大まかに分けて、あなたの進路選択を手助けする。




①ゼロからイチをつくる人

いわゆる「芸術家」と呼ばれるような、ゼロから自分の作品を生み出し、それが世間に認められる存在。本当に一部の人しか成功していないので、目指すにはリスクがある。そのため、②の職業も兼ねている人が多い。

画家
ゴッホ、ピカソ、モネなどの「美術」で習うような偉人たちの職業。
自分の世界観を描いた作品を生み出し、それが買われることもあれば、受けたオファーに沿って作品制作を行うことも。(イラストレーターに近い)

作曲家
モーツァルト、バッハ、ヴェートーベンなどの「音楽」で習うような偉人たちの職業。
新たな音楽を追い求め、曲をゼロから作り出す。画家の音楽版と考えるとわかりやすい。

小説家
村上春樹、夏目漱石、芥川龍之介などの「国語」で習うような偉人たちの職業。
ゼロから作品の世界観、設定、人物を生み出し、あらゆる文芸技法を尽くしてそれを表現する。映画や舞台の原作として使用されることも。

漫画家
手塚治虫、尾田栄一郎、藤子不二雄など多くの有名漫画家が存在する。
画家と小説家を融合したような職業と考えても良いかもしれない。ゼロから物語を生み出し、画力や演出を駆使してそれを表現する。商業的な側面も強いため、②ともかぶる。

 



 

②依頼に沿ってつくる人

最も一般的な「クリエイター」と言える。企業に所属、またはフリーランスとしてクライアント(依頼人)の依頼を受けて作品を制作する商業クリエイター。①の職業もこのような依頼を受けることが多い。

イラストレーター
中村佑介、天野喜孝、漫画家でもある江口寿史など、一枚絵で見かけることの多い職業。
主にクライアントから発注を受け、商品のコンセプトやユーザーのニーズに応えるイラストを制作していく。
雑誌やCDジャケット、装丁、ポスター、Webなど様々な媒体で必要とされる。
ゲーム会社のキャラクター制作など、企業に属するイラストレーターもある。

デザイナー
佐藤可士和、佐藤オオキ、深澤直人などの一流デザイナーが名を馳せている。
「デザイナー」と聞くと「グラフィックデザイン」を思い浮かべる人が多いが、イラストレーター同様、クライアントの発注に合わせて、ユーザーに訴えかける商品のプロモーションや新しい体験の提供を行う。
企業のブランドイメージとその魅せ方を設計するというトータルブランディングを行うことも。

アレンジャー(編曲家)
作曲家の作ったメロディに伴奏や前奏をつけ、リズムに変化などを付け加えることで曲を整えていく職業。
会社に所属し、アーティストやアイドルの編曲に携わる人やフリーランスで活躍する人もいる。
コンペ形式であることも多く、なかなか厳しい世界。

サウンドクリエイター
ゲームやアニメ、ドラマなどの作品に用いられるあらゆるサウンドを制作する職業。
アレンジャー同様、会社に属した人が多い。
クライアントとの打ち合わせを重ね、求められるサウンドをあらゆる機材を用いて追求していく。
DTMを使う人もいれば、身近な日用品でサウンドを作る人も。

このように、ひと口に「クリエイター」と言っても、かなり多くの職業があることがわかる。
しかし、「自分の好きなモノ」を作って生計を立てられるクリエイターはほんの一握りであり、業界全体を通して厳しい世界である。会社に所属して、「仕事」としてクリエイターを続けていくのか、趣味として割り切って創作を続けていくのかで悩む人が多いのも現実だ。
UnFRAMEでは、1人でも多くのクリエイターが陽の目を見ることを目指している。

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。