Adobe Lightroomってどんなアプリ?

Lightroom加工



Lightroomとは

簡単に言うとAdobeが提供する写真編集のアプリです。元データを編集することなく修正を加える仕組みになっているので、元データのバックアップ等を気にすることなく、編集する事が可能です。Photoshopとの違いは「画像の編集・管理に特化」したアプリであるという事です。多くの写真ファン、特に一眼カメラファンには強力なツールとなっていて、短い時間で高いパフォーマンスを得る事が出来ます。

金額

月々980円でPhotoshopと一緒に使えます。
ADOBE フォトプラン
購入ページへ

移動中にザックリ、家でシッカリ編集

Lightroomでは3種類のアプリが用意されています。

・Lightroom Classic CC
・Lightroom CC
・Lightroom mobile

Lightroom外出先

Lightroom Classic CC

以前からあったLightroomです。高機能な編集が可能になっていて、細かい修正などが可能。私はジックリ編集作業する時にはこのアプリを使って作業します。

Lightroom CC

新しく出てきたLightroomです。機能が制限されていますが、使用頻度の高い機能は残っていてとっつきやすいアプリとなっています。最大の特徴はスマホ版Lightroomとの連携です。写真を加工するとスマホアプリと同期します。アップ作業をする必要がないので、使い勝手がとても良いです。

Lightroom mobile

スマホでの利用が可能となっています。外で気軽に加工する事が出来ますが、スマホアプリにしては高機能になっており、非常にレベルの高い編集が可能となっています。

具体的にどんなことが出来るのか?

  • 余計なものを消す
  • 写真のかすみ除去
  • ノイズ補正
  • ピンボケ補正
  • 写真の明るさを調整
  • 背景をぼかす
  • 鮮やかな写真にする

これ以外にもたくさんの事が出来ます。LightroomはAdobeが提供する最強の写真編集アプリなのです。

実例

逆光の写真
逆光の写真
逆光の写真_加工後Lightroomで編集後

以前は逆光の写真はほぼ修正不可能と言われていましたが、Lightroomを使えばスライダーを調整するだけでこんな感じに調整できます。初心者にはアプリの画面が複雑に思われがちですが、修正ポイントだけ分かってしまうと簡単にプロ並みの加工が完了してしまいます。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。