【連載】はじめてのカメラのおはなし

こんばんは
1回目の記事は、多くの方にご覧いただき
多くの反応を貰いました

ありがとうございます

 

さて、今回の内容に移りますが

よく聞くメーカー、何が違うの?問題

家電量販店やショッピングモールなどに行くと
NikonやCanon・SONYなどの沢山の
メーカーのカメラが置いてあるかと思います

でも、商品のには画質・重さ・防水性能などの
カメラ本体の説明しか書かれておらず
メーカー別に販売する意味あるの?
と考える事があります

なので、性能以外のカメラの特徴を
お話していきます

今回見ていくメーカーは
カメラ業界の二大ブランドNikon・Canon
ミラーレスで有名なSONY
写ルンですで有名な富士フィルム
の4メーカーを見ていきます

Nikon 風景向け。壊れにくいカメラ
Canon 人物撮影に強い
SONY 高画質・高性能・コンパクト。動画も撮りたい人向き
富士フイルム フィルター効果で楽しめる

表にまとめるとこんな感じになります

それでは細かく見ていきましょう

Nikonの風景向けは、前提としてメーカーによって
現像される色味が異なります。
その中でも、ありのままの色味(自然色)を出すことが
出来ます。また、2017年にNASAにカメラを
納品したことでも、カメラが強く壊れにくいと言えます

Canonの人物撮影に強いカメラは、人がイメージしているような色味(記憶色)に近い色を出すことができ、
ピントを自動的に合わせる速さも4メーカーの中では
一番速いです。

また、SONYはカメラ業界内でも一番速く
フルサイズミラーレスを発売した実績から、
高画質・高性能・コンパクトと言えます。
また、SONY最大の特徴である瞳AFは、
※AF…オートフォーカスの略称
人や動物の目の動きに合わせて、フォーカスを捉える事出来るので人の表情を大事にする動画に向いています。

富士フイルムは、言わずとも知れているフィルムの製造会社です。その為、フィルムのような色味やモノクロなのでフィルターがカメラ性能としてあり、色彩遊びが
楽します

如何でしたか、ぜひ参考になればと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。